会社設立
税理士顧問
無料相談開催中!!
税理士プロフィール
京都府城陽市出身。
奈良産業大学経済学部経済学科卒業。大学在学中に奈良の魅力を感じ、将来奈良で税理士事務所を経営できればと思うようになりました。
大学卒業後は2件の会計事務所を勤務し、平成16年に奈良県生駒市で井上勇夫税理士事務所を開業しました。
平成19年には行政書士登録をし、会社設立・許認可申請などの業務も行っています。
税理士いさお先生の130%お得情報ブログ
税理士いさお先生の130%お得情報ブログ
2018/01/12
平成29年分の確定申告の改正ポイント ~パナホーム通信1月号~

     
みなさん、こんにちは。奈良県生駒市の井上勇夫税理士事務所 税理士いのうえ君です。

今日は、1月12日(金)です。
昨日のブログは、「新春パナホームフェア ~パナホーム通信1月号~」について書きました。
今日のブログは、下記写真の「平成29年分の確定申告の改正ポイント ~パナホーム通信1月号~」について書きます。



平成29年分の確定申告の改正ポイント

確定申告の時期が近付きつつあります。平成29年分の確定申告の期限は下記の通りとなります。

(申告期限)
・所得税・・・・・・・・・・・平成30年2月16日(金)~3月15日(木)
・個人事業者の消費税・・・・・平成30年4月2日(月)
・贈与税・・・・・・・・・・・平成30年2月1日(木)~3月15日(木)
※ 所得税の還付申告は、申告期限までも可。

今回は、新しく創設されたリフォームに関する減税制度について、次回はそれ以外の改正点などについてご紹介します。

長期優良住宅化リフォームに対する減税制度の創設
一定の耐震改修、又は、省エネ改修工事と併せて、一定の耐久性向上改修工事を行い、既存住宅の長期優良住宅の認定を受けた場合、所得税、固定資産税が減額されます。

(1) ローン型の所得税特別控除
リフォームローンを利用した場合に利用可能。
① 控除期間・・・・・・・・5年間
② 工事費用限度額
・耐久性向上工事・・・・250万円
・其の他の工事・・・・・750万円
③ 控除率
・耐久性向上工事・・・・2%
・其の他の工事・・・・・1%
④ 最大控除額・・・・・・・625,000円(5年間)

(2) 投資型の所得税特別控除
リフォームローンの利用の有無にかかわらず、利用可能。
① 控除期間・・・・・・・・1年間
② 工事費用限度額
 (a) 耐震改修、または、省エネ改修と併せて行う場合:250万円(太陽光発電設備設置の場合:350万円)
 (b) 耐震改修、および、省エネ改修と併せて行う場合:500万円(太陽光発電設備設置の場合:600万円)
③ 控除率・・・・・・・・10%
④ 最大控除額
 (a) 耐震改修、または、省エネ改修と併せて行う場合:25万円(太陽光発電設備設置の場合:35万円)
 (b) 耐震改修、および、省エネ改修と併せて行う場合:50万円(太陽光発電設備設置の場合:60万円)

【出典】 パナホーム通信 2018年1月号



当事務所はパナホーム(株)と協定しております。パナホームのことなら当税理士事務所へご相談ください。