会社設立
税理士顧問
無料相談開催中!!
税理士プロフィール
京都府城陽市出身。
奈良産業大学経済学部経済学科卒業。大学在学中に奈良の魅力を感じ、将来奈良で税理士事務所を経営できればと思うようになりました。
大学卒業後は2件の会計事務所を勤務し、平成16年に奈良県生駒市で井上勇夫税理士事務所を開業しました。
平成19年には行政書士登録をし、会社設立・許認可申請などの業務も行っています。
税理士いさお先生の130%お得情報ブログ
税理士顧問Q&A
Q
土地の価格について教えてください。
a

土地の価格には「実勢価格」「公示価格」「路線価」「固定資産税評価額」があります。そのため、土地は「一物四価」といわれています。

【実勢価格】

実際の取引でつけられた価格(時価)。

【公示価格(公示地価)】

一般の土地取引や資産評価の目安とすることを目的に毎年3月に国土交通省が公表する土地の価格。

不動産鑑定士の評価をもとに、国土交通省土地鑑定委員会が公示価格を決定。

【路線価】

国税庁が毎年1月1日時点で算定した全国の主な道路に面した土地の1㎡あたりの評価額。(公示価格の8割程度)

【固定資産税評価額】

固定資産税、不動産取得税、登録免許税など不動産にかかる税金の基準となる価格。

国が定めた「固定資産税評価額」に基づいて市町村(東京都23区内は都税事務所)が決定した価格。(公示価格の7割程度)

≪参考リンク≫

路線価とは・・・?