会社設立
税理士顧問
無料相談開催中!!
税理士プロフィール
京都府城陽市出身。
奈良産業大学経済学部経済学科卒業。大学在学中に奈良の魅力を感じ、将来奈良で税理士事務所を経営できればと思うようになりました。
大学卒業後は2件の会計事務所を勤務し、平成16年に奈良県生駒市で井上勇夫税理士事務所を開業しました。
平成19年には行政書士登録をし、会社設立・許認可申請などの業務も行っています。
税理士いさお先生の130%お得情報ブログ
会社設立Q&A
Q
LLCとLLPの違いを教えてください。
a

LLCは合同会社、LLPは有限責任事業組合をいいます。

LLC、LLPの共通点は下記の通りとなります。

① 出資者は全員有限責任です。

② 内部自治が徹底しています。

LLC、LLPの相違点は下記の通りとなります。

① LLCには法人格がありますが、LLPには法人格がありません。

② LLCは永続が前提でありますが、LLPは存続期間を定めます。

③ LLCは1人で設立できますが、LLPは2人以上で契約する必要があります。

④ LLCは他の会社形態に組織変更することができます、LLPはできません。

⑤ LLCは法人課税が適用されますが、LLPは構成員課税が適用されます。

以上のことから、LLCは次のような事業に適しているでしょう。

・ 将来の株式公開を予定している事業

・ 永続的に行われる事業

・ 安定的な収益を生み出すような事業

他方、LLPは次のような事業に適していると考えられます。

・ 個人や企業の信用や能力を前面に出す事業

・ 期限を区切ったプロジェクト

・ ハイリスク・ハイリターンな事業