会社設立
税理士顧問
無料相談開催中!!
税理士プロフィール
京都府城陽市出身。
奈良産業大学経済学部経済学科卒業。大学在学中に奈良の魅力を感じ、将来奈良で税理士事務所を経営できればと思うようになりました。
大学卒業後は2件の会計事務所を勤務し、平成16年に奈良県生駒市で井上勇夫税理士事務所を開業しました。
平成19年には行政書士登録をし、会社設立・許認可申請などの業務も行っています。
税理士いさお先生の130%お得情報ブログ
会社設立Q&A
Q
合同会社(LLC)とは・・・?
a

出資者全員が有限責任社員であり、内部関係については、原則として、社員全員の一致で定款の変更その他会社のあり方の決定が行われ、各社員が自ら会社の業務の執行に当たるということが適用されます。

合同会社と株式会社は、いずれもその社員又は株主が有限責任とされている点で共通しています。

このため、会社と第三者の関係では、配当規制や債権者保護手続きについて、ほぼ同様の規制が適用されることとなっています。

他方、株式会社と合同会社の相違点として次のようなものがあります。

(1) 会社内部関係の規律の強行規定性について、株式会社においては株主総会に加えて取締役等の機関を設ける必要があるほか株主の権利内容も原則として平等原則が適用されこれらの規律は強行規定とされているのに対し、合同会社においては広く契約自由の原則が妥当するため機関設計や社員の権利内容等については強行規定がほとんど存在せず広く定款自治に委ねられています。

(2) 持分の譲渡に関する規律について、株式会社においては株式の譲渡自由の原則が採用されているのに対し、合同会社においては持分の譲渡は他の社員の全員の一致が要求されます。