会社設立
税理士顧問
無料相談開催中!!
税理士プロフィール
京都府城陽市出身。
奈良産業大学経済学部経済学科卒業。大学在学中に奈良の魅力を感じ、将来奈良で税理士事務所を経営できればと思うようになりました。
大学卒業後は2件の会計事務所を勤務し、平成16年に奈良県生駒市で井上勇夫税理士事務所を開業しました。
平成19年には行政書士登録をし、会社設立・許認可申請などの業務も行っています。
税理士いさお先生の130%お得情報ブログ
会社設立Q&A
Q
NPO法人と一般会社の違いを教えてください。
a

株式会社などは私益法人です。株主が投資して、利益を得ることが目的です。

それに対してNPO法人は広義の公益法人です。市民が市民のために活動して「公益」を図ることが目的です。だから、株式会社は設立時に資本金が必要ですが、NPO法人には資本金という概念はありません。また株式会社は株主1人から設立できますが、NPO法人は10人以上の同士が必要です。その他設立方法、会計方法も違います。

ではNPO法人とすることにどんな意義があるのでしょうか?

それは公益が目的だということです。
NPO法人の収入源は4つあります。会費、事業収入、寄付金、助成金の4つです。
財団からの助成金、企業・個人からの寄付金を使って、自ら行動することで公益を図る、そんな活動が経済社会の大きなウェイトを占めるようになったら色々な面で変化が期待できるのではないでしょうか。それにはしっかりと収益を上げることが大切です。寄付金100%だっていいんです。それだけ賛同する人が多いということですから。 実際NPO法人でも数億の収益を上げているところもありますし、その収益で多くの雇用を生み出して活動を広げているところもあります。