会社設立
税理士顧問
無料相談開催中!!
税理士プロフィール
京都府城陽市出身。
奈良産業大学経済学部経済学科卒業。大学在学中に奈良の魅力を感じ、将来奈良で税理士事務所を経営できればと思うようになりました。
大学卒業後は2件の会計事務所を勤務し、平成16年に奈良県生駒市で井上勇夫税理士事務所を開業しました。
平成19年には行政書士登録をし、会社設立・許認可申請などの業務も行っています。
税理士いさお先生の130%お得情報ブログ
税理士いさお先生の130%お得情報ブログ
2017/08/30
人口減少社会で生き残る賃貸住宅経営の考え方とは ~パナホーム通信8月号~


みなさん、こんにちは。奈良県生駒市の井上勇夫税理士事務所 税理士いのうえ君です。

今日は、8月30日(水)です。
昨日のブログは、「関西初!5階建展示場グランドオープン ~パナホーム通信8月号~」について書きました。
今日のブログは、下記写真の「人口減少社会で生き残る賃貸住宅経営の考え方とは ~パナホーム通信8月号~」について書きます。



人口減少社会で生き残る賃貸住宅経営の考え方とは

人口減少に反比例して賃貸住宅の入居世帯は増加傾向
2015年の国勢調査で、日本の人口は調査以来初めての減少となりました。しかし、人口減少にも関わらず、賃貸住宅に居住する世帯数は逆に増加傾向にあります。

35歳以上の入居者が増加!
間取りにも変化が?

2015年の国勢調査では、入居者(世帯主)の64%が35歳以上となっています。入居者の年齢層が上がれば、求められる部屋の広さや間取りも変化します。

人口減少がただちに入居者減につながるわけではありません。入居者の年齢層の変化による、賃貸市場の流れを踏まえたうえで、地域や立地の特性とニーズをしっかりと見極めた事業計画が、今後ますます重要となってきます。

【出典】 パナホーム通信 2017年8月号


当事務所はパナホーム(株)と協定しております。パナホームのことなら当税理士事務所へご相談ください。